高知学芸高校映画研究部
高知市長への受賞報告及び表敬訪問しました
2019(平成31)年2月6日(水)
 2019(平成31)年2月6日(水)に昨年度の映画研究部の「高校生のためのeiga worldcup2018」自由部門最優秀作品受賞を高知市長に報告しに、高知市庁舎に表敬訪問しました。当日は岡崎誠也高知市長、山本正篤教育長、広瀬健一郎教育次長など高知市関係者のもと、部長の戸梶美雪さんから受賞報告をさせていただきました。そのあと岡崎誠也高知市長から激励の言葉をいただき、部員と関係者の自由歓談の場では有意義な時間を過ごすことができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第60回高知学芸高校卒業式
2019(平成31)年1月30日(水)
 2019(平成31)年1月30日(水)に本校体育館で、平成最後の第60回学芸高校卒業式が行われました。
 
 
 
 
 
 
 
 
高知学芸高校映画研究部
「高校生のためのeiga worldcup2018」自由部門最優秀作品の上映会・キネマMの代表安藤桃子さんと映画研究部学生のトークショー
 2019(平成31)年1月20日
 2019(平成30)年1月20日(日)に、高知市帯屋町の映画館「ウイークエンドキネマМ」において、2018年度の「高校生のためのeiga worldcup2018」の自由部門最優秀作品となった「シシリンキウム」が 上映されました。さらに監督で主演した部長の戸梶美雪(2年)さんと出演者の岡村瑠美亜(2年)さんが映画監督でキネマMの代表の安藤桃子さんとトークショーを繰り広げました。期間限定の映画館でのファイナル直前イベントで、「『高知においての映画』さらにディープに映画の本質に迫ります」というテーマをもとに映画についての話で盛り上がりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高知学芸高校映画研究部
「高校生のためのeiga worldcup2018」自由部門最優秀作品
受賞の取材をFM高知から受けました
 2019(平成31)年1月8日、15日放送
 NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」の自由部門最優秀作品受賞の紹介をかねて高知学芸高校映画研究部がFM高知の取材を受けました。
 
 1月8日放送分として取材した音声が聴けます   〈ここから〉
 
 1月15日放送分として取材した音声が聴けます  〈ここから〉
 
 
 
高知学芸高校映画研究部
最優秀作品賞受賞
<「eiga world cup 2018」>
 2018(平成30)年11月23日
  2018(平成30)年11月23日、東京で開催されたNPO法人映画甲子園主催「eiga world cup 2018」の表彰式において、自由部門作品で高知学芸映画研究部が高校生自主製作映画の頂点である「最優秀作品賞」を受賞しました。
<作品賞>
 〇入選 (一次合格作品約44作の中、上位21作品が選ばれたもの)  
 〇優秀企画賞 (企画の素晴らしさを評価されたもの)  
 〇ドラゴンゲート賞
 (初応募もしくは3年以上応募のなかったもので、今後の作品が期待できるもの)
<個人賞>
  ・部長で本作品の主演の戸梶美雪さんが、「篠本賢一賞」(主演及び助演男優・女優のファイナリスト以外の者から特別に素晴らしい演技が認められた者) を受賞しました。
 
 受賞作品「シシリンキウム」が視聴できます  〈ここから〉
 ※主催のNPO法人映画甲子園がYouTubeで公開している映像です。